鍵を無くしやすいシーンとは?

鍵を無くしやすいシーンとは?

鍵を無くしたという人たちは、ある程度おなじようなシーンで無くしていることが多いです。
「鍵を無くした!」というトラブルは、年末年始やお盆というようなお酒をたくさん飲む時期に急増すると言われています。
酔ってしまうと注意力も散漫になり、鍵を落としても気づかないということが理由だそうですね。

また面白い統計として、月曜日の夜は鍵の紛失が起こりやすいという調査結果もあります。これも酔ってしまったときと同様、休み明けで注意力が散漫になりがちなことが原因だと考えられています。

鍵を無くすと聞くと屋外が多いイメージですが、実は結構室内での鍵紛失トラブルも多く相談されています。
忙しい時にポッとどこかに鍵を置いてしまって分からなくなってしまった…というものが多いようです。