防犯対策に取り入れたい「ワンドアツーロック」とは

防犯対策に取り入れたい「ワンドアツーロック」とは

近年、防犯対策の一つとして注目を浴びているのが「ワンドアツーロック」です。
これは玄関の扉に2つの鍵を設置する(ツーロックにする)ことで、万が一ピッキング被害に合いそうになったときも単純に倍の時間をかけさせることを目的としています。
空き巣は5分以上侵入に時間がかかると分かると、その家を諦めると言われています。
ワンドアツーロックにすれば開錠が必要な鍵が増えますし、防犯に力を入れている家という印象を与えられますので、そもそも空き巣から狙われにくくなるのです。

最近では最初から2個セットで売られているシリンダーもありますので、ワンドアツーロックを手軽に取り入れやすくなっています。
鍵を2本持つことになりますが、今の鍵はそのままにして、新しく一つ鍵を取り付けるということも可能です。この場合でも新しい鍵をキーレスにすれば鍵が増えることもありません。